商品名:

スズラン刺繍の19世紀日傘

発送:
●佐川急便
にて発送いたします。(※沖縄・離島はゆうパック)誠に恐れ入りながら、普通郵便での発送は承っておりません。

●送料はhow to oderよりご確認ください。)

●アンヴァンテールでは、発送業務を茨城県の物流代行会社のテラロジ社にお願い致しております。当店の商品は、国土交通省に倉庫業の登録をされているテラロジ物流センター(常総市水海道)に、標準倉庫寄託約款に基づき保管され、バーコードで一元管理されておりますので、お客様の元へ安全に商品をお届けさせて頂きます。発送はテラロジ社より行われますが、万万が一、ご注文内容と違う商品が届いたり、破損の場合等は、アンヴァンテールが責任を持って対応致しますので、どうぞよろしくお願い致します。
サイズ:

下記を参照下さい。

備考:

日傘1点です。撮影用の小物は付属致しません。




とても稀少な、美しいスズラン刺繍の19世紀日傘に出会うことができました。
もう二度と出会うことはないと思われる、とても珍しい一品だと思います。
















「上はじき」と呼ばれる上部の留め金をバチンと留めることは可能です。↑は留め金を留めて、完全に布を固定しています。シルク生地自体は、ハリがありしっかりとしているため、開いた瞬間に、裂けのある箇所がピリっと裂けることはありませんでした。ただ、何度も開いたり閉じたり、常に開いた状態のままディスプレイされると、裂けている箇所がもっと広がっていく可能性があります。ですので、留め金までバチンと留めず、留め金の手前あたりで、下↓の画像のように、リボン等を結んで、傘の生地が落ちてこないように固定すれば、開いた状態で、かつ、裂けに負荷をかけずに、ディスプレイして頂けると思います。



傘を固定するための留め金を留めずに、留め金の手前部分で、リボンを結んで、傘が落ちてこないようにを固定してみました。(※ピンク色のリボンは付属品ではありません)この状態を外側から見ると、下↓のような感じの傘の開き具合です。留め金を留めていない分、バシっとした丸み感は若干欠けますが、それでも、このくらい↓は充分開いてディスプレイしていただけます。





お色は、褪せたクリームベージュ色です。
傘のハンドルは折りたたみ式です。↓のように金具をスライドして留めることができます。


ハンドルは、アイボリー(もしくはボーン)です。



天辺の頭パーツが、ぐらぐらと、左右にぐらつくため、たまに、頭パーツの位置が、上↑画像のように、中心からズレることがあります。内部を見てみると、下↓のような金具があり、金具の上下のメタルパーツが、左右にぐらつきます。破損なのか、良く見ると、上と下の間に出っ張ったパーツがあり、ひょっとして、ハンドルの折り畳みのように、この上部部分も折り畳み式??なのか、一体、なぜ、ぐらつくのか分らないのですが、軽く上に引っ張ってみた際に、取れたり外れたりしまうことはありませんでした。


金具の上下のメタルパーツが、左右にぐらつきます。





スズランが刺繍された外生地と、薄いシルクの内生地と、外側と内側に生地がそれぞれ貼られているのですが、内側に貼られた内生地のシルクに破れがあります。




また、内生地に関して、フランス日本間の配送中に、内生地のちょうど中心部分が破れてしまっています。(スズラン刺繍の外生地は破れていません)フランスで撮影した上↑の画像では、まだどうにか繋がっていたのですが、日本で撮影した下↓の画像では、完全に破れてしまっているのがご確認頂けると思います。そのため、この内側の生地がひょっとしましたら、棒から、ずるずると落ちてきてしまう可能性があるかもしれません。(スズラン刺繍の外生地には全く影響ございませんので、外側からの見た目に全く問題ございません。)もしも、お手元にお届け致しました際に、この内側の内生地が、棒から落ちてしまっている等のダメージがありましたら、その際は、お値引き等、きちんと対応させて頂きます。


















修理された跡があります。











裂け。




裂け。













一部外生地が、フリンジ生地から外れています。