スミレのブドワール。19世紀のPrincesse Violette―スミレ姫、ベル・エポックのMademoiselle Violette―スミレ嬢。彼女たちのスミレで溢れた私室「Boudoir-ブドワール」をイメージして、スミレモチーフアンティーク、スミレ色のアンティークをご紹介いたします。
※各商品は委託先ショップ「ル・ブーケ」さまHPにてご購入頂けます。商品タイトルをクリックして頂くと、ル・ブーケさまHPの商品詳細ページへ。








褪せたスミレ色にゴールド縁取りが美しい抽斗ボックス。

クリニャンクールのアンティークメルスリー専門店にて一目惚れした、スミレ色の抽斗ボックス。糸を入れるためのボックスですが、茶色や木製タイプのお品が主流の中、まさかスミレ色のお品が存在するなんて!「スミレ色の糸ボックス、初めて見ました!」と、ディーラーさんに言うと、ディーラーさんも「私もこれまで一度も見たことないわ!」と、二人して、なんて美しいのと、ただただ溜息。




HILO EXTRA、CORNETAなど、書かれている文字はフランス語ではなく、おそらくスペイン語で、スペインの糸を使った糸箱、あるいはスペインからフランスへ渡ってきたお品なのでしょうか。ふと、スペインからフランスへ嫁いだ、フランス皇帝ナポレオン3世の皇后、ウジェニー・ド・モンティジョ―Eugenie de Montijoのことを思い出します。スミレモチーフアンティークコレクター様へ、とっておきのスミレコレクションボックスとして。◆スミレ色の抽斗ボックス/Sold



スミレ刺繍のプチクッション、淡い水色にスミレが可憐なお品です。◆スミレ刺繍のプチクッション/Sold




バル―舞踏会へ。スミレのカルネ・ド・バルとスミレのパウダーケース、貴婦人の為の必需品。
◆スミレのカルネドバルと貴婦人の肖像画写真セット/Sold ◆スミレのパウダーボックス*A/Sold ◆スミレのパウダーボックス*B/18900yen





ヴァンセンヌ城横のアンティークサロンにて見つけた一目惚れ、スミレ色の抽斗ボックスに引き続き、初めて見つけたスミレ色のハットボックス!中に、スミレの布花をたっぷり詰め込んでディスプレイされても♪◆スミレ色のハットボックス/Sold




こちらも珍しいお品、スミレのリボンワークのパーツ。くったりとしたスミレリボンが、スミレの可憐な雰囲気を惹き立てます。





おなじみスミレのクリーム缶。もちろん状態が良いものが理想ですが、こんなシャビーな錆びがあるものも美しくて。
◆スミレのリボンワークとコワフお帽子セット/Sold ◆スミレ色のクリーム缶とコワフお帽子セット/8900yen






スミレ色のリングボックス。スミレの指輪ケースにどうぞ。
スミレ色の指輪ボックスと招待状のセット/8900yen






ESSENCE VIOLETTE NEIGE、雪スミレのエッセンス。

ESSENCE VIOLETTE NEIGE、雪スミレのエッセンス、なんて、妖精物語に出てきそうな香水が入っていたパフュームボックスです。白スミレのモチーフが蓋と側面にもあしらわれていて、メルヘンチックな雰囲気が漂います。1774年創業の香水会社L・T・PIVER社より1908年に発売された稀少なお品です。◆スミレのパヒュームボックス/18900yen




Violettes de Toulouse、スミレブーケが可愛いおなじみのボックス。
くったりしたお色目は、シャビーシックなディスプレイにぴったりです。


スミレの香水瓶とコワフお帽子セット/8900yen ◆トゥルーズのスミレ箱/Sold ◆トゥルーズのスミレ箱セット/Sold






カフェオレボウルに、スミレ色リボンやスミレ色の布花一輪、リボンにレリーフが美しい、塩用スプーンなどを詰めこんだ、スミレのブロカントセットに、スミレ色のアンティークソーイング時間に、スミレ色のロココリボン。たっぷりメートルございます。ドール用のスミレドレスにもどうぞ。◆スミレ色ロココリボン(在庫2点)/各8,900yen ◆スミレのブロカントセット/Sold






上品な黒レースにスミレが映える、当時の貴婦人の為のアンティークお帽子。スミレの布花も大きなサイズで、質感色合いともにとても美しく、存在感のあるお品です。◆スミレのアンティークお帽子/¥21,000




19世紀末頃のスミレとモノグラムのコレクション。王冠のモノグラムはノーブル階級の貴族のモノグラムです。なんといっても、真ん中のスミレ画&スミレ色の王冠モノグラムがスミレ好きには嬉しく、貴族のモノグラムと合わさり、品位を感じるモノグラムコレクションです。◆花とモノグラムシート*スミレ/8900yen