長澤均著作刊行記念 霧とリボン企画展《20世紀初頭のロマンティック・ファッション》

◆アンヴァンテール追加出品商品一覧◆

商品タイトル・価格を記載の商品が出品商品です。それ以外は、今後アンヴァンテールHPにて販売予定の商品です。イベント出品商品かどうか不明な商品がございましたら、どうぞ気軽にお問合せ下さいませ。




結婚式のウェディングティアラを飾る、グローブ・ド・マリエ用のクッション。100年以上の時の経過が作り上げた褪せた菫色と金色装飾のお色の対比が大変美しいお品です。◆19世紀の菫色グローブ・ド・マリエ用クッション/Price:23,900yen(クッションのみ・ワックスフラワー類は付属致しません)




とびきりお洒落にヴィンテージを着こなして迎えて下さる、パリのヴィンテージモード店のマダムから頂いた1950年頃のヴィンテージブローチ。◆パリのヴィンテージモード店で見つけた50年代ロマンティックブローチ/Price:8,940yen ◆パリのヴィンテージモード店で見つけた50年代スミレ色ブローチ/Price:8,940yen





1900年頃のたっぷりとしたプリーツとレースがとても素敵なドロワーズ。中央には、A・Rのイニシャル刺繍。リボンを通せるようになっているので、お好みのリボンを結んで頂けましたら。1900年頃ドロワーズ*レース&プリーツ/Price:15,000yen (リボンは付属致しません)




1900年頃のコルセットが入っていたコルセット箱。sans gêneとは「不快感無く」といった意味に加えて、19世紀末の喜劇“Madame sans gene”(マダム・サンジェーヌ)へのダブルミーニングという歴史背景も楽しいお品です。◆1900年頃のコルセット箱/Price:15,200yen(箱のみ・箱の中の小物類は付属致しません)





1900年代のモード雑誌がコラージュされた手作り卓上パーテーション。表・裏・扉と当時の美しいモードファッションが楽しめる、遊び心・モードファッション心溢れるお品です。◆1900年代モード雑誌の卓上パーテーションPrice:8,970yen




リズーズとは、Liseur/Liseuse=読書家の意。そこから、当時、就寝前にベッドで本を読む際に女性がはおる羽織りものも、Liseuse/リズーズと呼ばれていました。水色に薔薇模様、レース&リボンがとてもロマンティックな1920~30年頃の読書羽織りはいかがですか?◆1920年頃の読書羽織り*Liseuse/リズーズ*Price:4,970yen





フランスのランジェリー店「アントワネット」のショップ用メタルプレート。LINGERIE & FRIVOLITESの、「FRIVOLITES」とは、「ちょっとしたもの」と訳せば良いでしょうか、こまごまアクセサリーや服飾小物などがランジェリーの他に販売されていたのでしょう。年代は、1970年頃のものでしょうか。◆「アントワネット」という名のランジェリー店のメタルプレート/Price:6,940yen




1900年頃、喪の期間の黒日傘の為の黒レース。日傘に取付けられることなく保管されていたため、大変状態が良く、その当時の貴婦人モードを身近に感じることができる美しいお品です。◆1900年頃オンブレルレース/Price:4,970yen




マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』(A la recherche du temps perdue)より、Du cote de chez Swannの抜粋本、1955年にフランスで出版されたもの。菫色のマルセル・プルースト、こちらは、霧とリボン様の菫色の小部屋のための什器として捧げさせて頂きました非売品でございます。ぜひ、文学・アート・モードの世界が繰り広げられ、美的感覚が研ぎ澄まされる、霧とリボン様の菫色の小部屋にお越し下さいませ!


◆長澤均著作刊行記念 霧とリボン企画展◆
《20世紀初頭のロマンティック・ファッション》



※初日5/25(土)のみ、ご入場はご予約制となります。
ご予約開始日5/12(日)10:00~ →
ご予約ご入場受付

5月25日~6月1日(27日休)
13:30~19:00(最終日のみ~18:00)


グラフィック・デザイナー、ファッション史家として
名高い長澤均氏の著作『20世紀初頭のロマンティック・
ファッション』刊行を記念した展覧会が、愛書家の為の
服飾・小間物ブランド《霧とリボン》様の 東京・吉祥寺の
直営SHOP、 “Private Cabinet” にて開催されます。













愛書家のための服飾・小間物ブランド《霧とリボン》様。 東京・吉祥寺の直営SHOP、 “Private Cabinet” は、菫色のちいさな空間、閑静な住宅街の奥にひっそりとあります。 魅惑の物語をテーマにしたドレス、帽子、ハンドメイド・アクセサリー、紙製品、オーガニック紅茶など、愛書家の日々を美しく彩るオリジナルの服飾品と小間物類を取り揃えられ、文学・アート・モードの世界をお届けする美術展や服飾展が開催されます。